2010年07月02日

家族同然のペットと一緒に暮らしたい

土地収用法 (とちしゅうようほう:昭和26年法律219号)は、1951年(昭和26年)に制定された公益事業に必要な土地等の収用・使用に関する基本法。土地区画整理士技術検定は土地区画整理事業の円滑な施行が進められるように、当該事業に関する専門的知識の維持向上を図ることを目的として、国土交通大臣が行う技術検定である。推理小説などでも「土地勘」と表記されることがある。ペットを失うと、様々な心身(精神的・身体的)の症状が起こる。題名=土地区画整理法 通称=なし 番号=昭和29年法律第119号 効力=現行法 種類=産業法 内容=土地区画整理について 関連=なし 土地区画整理法(とちくかくせいりほう)とは、土地区画整理について定められている日本の法律である。しかし現代におけるペットの家族化(→コンパニオンアニマル)に伴い、ペットが亡くなった際に人間と同じように法事(葬儀、位牌、仏壇)、埋葬を望む人が増えている。
posted by みかん at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。